ユーザーに優しく、不正に厳しい!

次世代のセキュリティ対策

capy

Overview

ログインサイトを持つ「企業・学校・金融機関・ECサイト」等で、個人になりすます不正ログイン被害の報告が年々増加しています。
Capyでは不正ログインを独自の3つの方法で防ぎます。

01 パズルキャプチャ

bot.によるパスワードリスト攻撃の不正ログイン対策

02 リスクベース認証

人による”なりすまし”ログイン攻撃の検知

03 リアルタイムブラックリスト

Capyサービスを利用中のサイトを攻撃した攻撃者IPアドレスをリアルタイムに共有

パズルキャプチャ

Capy CAPTCHA

簡単で視覚的に認識しやすいパズルを解くことで、そのログインが人間によるものであると認証するパズル認証です。

  • OCR解析できないパズル型
  • ピース数/ピースホール数指定、ピースエッジ加工
  • 一定時間内での画像切替え
  • ピースの人間的「軌跡」解析によるBot攻撃防止

リスクベース認証

人によるなりすましから、あなたのユーザーを守ります。

  • ユーザーのログイン履歴を学習
  • あなたのユーザーに対する攻撃者のなりすましを検知
  • ユーザーはいつも通りログインするだけ、ユーザビリティはそのままです

リアルタイム
ブラックリスト

Capy独自の収集:CAPTCHAから大量に得られる悪意あるユーザ情報を収集します。
IPアドレスがリスト型攻撃を行っているものかどうか、なりすましハッカーかどうかを返答します。

  • 認証ページアクセス
  • アクセス元のIPアドレスがブラックリストに該当するかCapyへ問合わせ
  • DB内リストの照合結果から判断しTRUE/FALSEを回答する

料金体系

価格については従量課金制をとっております。
月次の利用料に応じて料金を算出します。